示談交渉の手続き

交通事故の慰謝料を決める示談交渉の手続き

交通事故の被害者は、慰謝料を加害者に請求する権利が発生します。
被害者が加害者に対して発生する損害賠償金の一部が慰謝料で、事故で受けた精神的な損害についての賠償金に相当します。

また示談とは、交通事故などの加害者と被害者が裁判の手続きを経ずに、お互いの話合いで妥結点を見い出し自主的に解決し
ていくことです。
交通事故のほとんどが示談で解決しています。

示談と聞くと特別な手続きが必要なように感じますが、交通事故の賠償金の問題解決に一番よく見られる方法になります。
また、示談金は交通事故で被害者が負った損害を全部お金に置き換えて損害賠償金を割り出して、その損害賠償金から加害者も被害者も納得できる合意が成立した金額のことになります。
損害賠償金の中には、治療費や入院雑費、通院にかかる交通費などの実費や、精神的な苦痛をお金に置き換えた慰謝料も含まれています。

示談交渉は、加害者か加害者の保険会社と被害者が示談金をいくらにするのかを妥結する話合いのことです。
示談金を確定させる話合いのため、被害者が負った怪我が治ったり、残った後遺症の回復が見込めず、その後遺症の後遺障害等級が決定してから交渉を開始しますが、治療費などは実際にかかった費用なので妥結しやすいのに対し、慰謝料は曖昧なため、ある程度基準が設けられています。

示談金の決め手は、慰謝料の決め手にかかっているといっても過言ではなく、決め手となる基準を知っておいてから交渉の手続きをするのが交通事故の被害者にとり大切なことです。

交通事故の賠償金や慰謝料の基準には三つの基準が存在します。
自賠責保険基準は、自賠責保険が定めている基準で、自賠責保険は自動車だけでなく原付やバイクを所有している人に加入すること義務付けられています。
基本的な賠償金として法律によって決まっているものなので、一番低い金額の基準になっています。

加害者が自賠責保険の他に自動車保険に任意で加入していた場合はその自動車保険の任意保険基準で賠償金などが計算される場合があります。
各保険会社がそれぞれ独自に決めています。

裁判基準か弁護士会基準は、被害者が依頼した弁護士が加害者の加入している自動車保険会社と交渉して損害賠償額を決めるのに使われる基準です。
裁判基準か弁護士会基準は、三つの基準の中で、一番賠償金が高くなります。

三つの基準のうち、どの基準を選ぶかによって、賠償金や慰謝料の金額が違ってきます。