厚木の注文住宅

厚木の注文住宅で屋上に関する内容について

厚木には数多くの注文住宅が用意されていて、中には売却物件として販売されているものもあるために、インターネットなどで検索した場合では、希望する注文住宅を見つけることができます。また、新規に注文住宅を建てることを望んでいる方の場合でも随時対応することができ、不動産会社を通じて土地探しなどを行う方法が用意されています。

そんな中、厚木は比較的温暖な気候を持っている地域としても知られており、注文住宅によっては屋上を活用している物件も存在しています。勿論、新規に注文住宅を建てることを希望されている方の場合でも、予め設計段階で相談することによって、屋上部分を有効活用することができます。一般的なマンションの場合では、屋上に上がるための内階段が設置されていることが多い傾向にありますが、例えば北国などで建てられている一戸建て住宅の場合では、積雪量を見込んで傾斜の付いた屋根を用意することが必要とされていたり、いわゆるスノーダクトに設定している場合でも、屋根には外階段から上るタイプが多い傾向にあります。

この点に関しては、厚木の場合では雪対策を必要としない好立地になるために、希望通りの形状に設定することが可能になります。

実際に屋上を活用している例としては、例えば前面をコンクリートなどに施工している場合があり、テーブルやチェアなどを設置して屋外での食事などを楽しむ空間を作ることが行われてきました。
近年ではさらに進化をしている部分があり、例えば一般的なコンクリートではなく、表面にはインターロッキングのようにタイルやレンガを用いて施工したり、木材などを利用しているものも目にすることができます。

芝生などを生やして緑化を行っているケースも目立ち、中にはペットなどを遊ばせる空間としても活用している場面も見られます。設備としては屋外に一般的に設置されている立ち水栓を屋上にも設置して、水道設備を使用することを可能としているものや、屋根などを製作して東屋の建物を設置することも人気があります。

屋外を有効活用することによって、生活上の幅が広がることになるために、実質上住宅を広く使用することができます。屋根の部分に関しては、例えば三角屋根の場合では後からリフォームを行うことは非常に経費が掛かる部分とされているために、最初から目的に合わせた住宅を選んだり、注文住宅として好み通り設定を行うことによって、不具合を解消することができます。”