自転車の交通事故

自転車の交通事故では多額の慰謝料を請求できる

自転車の交通事故では、多額の慰謝料を相手から請求できる可能性が非常に大きくなります。基本的に、交通事故では事故に関わった当事者の過失がどの程度存在するのかが非常に重要になります。自動車同士の事故ならば過失割合を詳細に調べなくてはいけませんが、自動車と自転車の事故であるのならば被害者が自動車に乗っていなかった場合には、殆どの場合で加害者側に過失を認めさせることが出来ます。そのため、自転車での事故であったのならば多くの慰謝料を相手から請求できるようになるわけです。

交通事故は、自動車同士の事故の場合には交通事故にまで発展しない物損事故という分類に分けられてしまうことがあります。物損事故というのは事故の被害にあった当事者自身が身体的な損失を受けていない程度の事故のことを意味します。自動車同士の事故では、自動車が大破してしまったものの搭乗者には全く損失が生じてしない時が時々あります。事故の当事者が双方ともに怪我をしていなかった時には、単なる自動車同士の事故として交通事故ではなく物損事故という単純な物と物との事故に分けられてしまうわけです。この場合、自身が被害者であると思っていたとしても慰謝料請求をすることは難しくなってしまい、請求する権利としては損害賠償請求権に限定されます。

一方で、自動車と自転車の事故の場合には法律上ほぼ必ず自動車側の過失が認められるようになっていますので、仮に被害者が自動車に乗っていなくて事故にあった時には物損事故として処理されることはなく、きちんと交通事故として処理されます。そして、自動車に比べて自転車に乗っていた被害者の怪我の度合いは自動車同士のそれと比べて遥かに大きくなる傾向にありますので、自動車同士の事故と比べて遥かに大きな慰謝料を請求することができるようになるわけです。

基本的に、交通事故で大きな慰謝料を請求するポイントとしては過失がどの程度加害者に存在するのかと、事故によって生じた怪我の治療にどのくらい期間が必要になるのかと二つになっています。生身で自動車と衝突すればその衝撃は大きくなりますので、やはりこの基準で考慮すると大きな慰謝料をもらうことが出来ます。

交通事故というのはあくまでも事故にあった当事者自身が怪我を負ってしまう場合に区分されるものであるため、物損だけでは交通事故とは言わないことに注意をしなくてはなりません。被害者自身が大きな怪我をしやすい状況の時には、それだけ大きな慰謝料を請求することが可能です。